連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷
発砲事件の現場を調べる捜査員ら=27日午後7時1分、尼崎市神田南通1
拡大
発砲事件の現場を調べる捜査員ら=27日午後7時1分、尼崎市神田南通1
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 2015年8月、全国最大の暴力団山口組(神戸市灘区)から神戸山口組(同市中央区)が分裂。17年には神戸山口組からさらに分裂する形で任侠山口組(兵庫県尼崎市)が発足し三つどもえになり、抗争事件がやまない状況が続いている。

 今年に入り、山口組と神戸山口組の対立はいっそう激化。10月には神戸市中央区の神戸山口組系組事務所前で、同組系組員2人が山口組系組員に射殺された。県公安委員会は抗争の鎮静化を図るため、11月、神戸市内にある双方の本部事務所の使用を制限する命令を出したが、以降も暴力団の暴発を防げなかったことで、警察はさらなる対応を求められる。

 捜査関係者によると、警察は山口組と神戸山口組を「特定抗争指定暴力団」に指定にすることも検討。「特定抗争-」になれば、県公安委が定めた区域内で組員が集まるだけで逮捕できるなど、さらに厳しく取り締まりが可能という。

2019/11/27