連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷
銃撃事件があった建物に入る兵庫県警の捜査員たち=22日午前、神戸市中央区熊内町9
拡大
銃撃事件があった建物に入る兵庫県警の捜査員たち=22日午前、神戸市中央区熊内町9

 神戸市中央区にある指定暴力団山口組(神戸市灘区)の最大勢力「弘道会」(名古屋市)の拠点建物前で、同会関係者とみられる男性が撃たれて重傷を負った事件で、発砲した容疑者が男性の後をつけ、銃撃のタイミングを計っていたとみられることが22日、捜査関係者への取材で分かった。現場付近の防犯カメラに一連の様子が写っていたという。

 兵庫県警葺合署捜査本部によると、事件は21日午後6時15分ごろ発生。買い物から帰ってきた男性が車を止めた後、バイクに乗ったままの容疑者に拳銃のようなもので数発撃たれ、腹などに重傷を負った。容疑者はスクータータイプのバイクに乗り、白っぽいフルフェースのヘルメットをかぶっていたという。

 捜査関係者によると、付近の防犯カメラには、男性が建物前で車を止めて別の人物を降ろした後、北側でUターンして建物前に駐車する様子が写っていた。一方、バイクは車の後方から近づいて1度追い抜き、車が転回した後に再び戻ってきた上、車の真横から運転席に向かって数発発射したという。

 今年4月には、山口組と対立する指定暴力団神戸山口組の中核団体「山健組」の最高幹部が、神戸市内の路上で山口組系組員に刺される事件が発生。捜査本部は抗争事件の可能性もあるとみている。県警は県内全域の暴力団関連施設周辺で警戒を強化している。

2019/8/22