連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷
現場に放置されていた乗用車=12日夜、神戸市長田区五番町3
拡大
現場に放置されていた乗用車=12日夜、神戸市長田区五番町3

 神戸市長田区の路上で暴力団「任侠山口組」の男性組員が射殺された事件で、実行犯とみられる男らが現場に乗り捨てた乗用車のナンバーに所有者の該当がないことが13日、捜査関係者への取材で分かった。ナンバープレートは偽造された可能性があり、兵庫県警長田署捜査本部は、警察に身元を特定されるのを遅らせるため男らが準備していたとみている。

 捜査関係者によると、現場に残された車は「なにわ」ナンバーの黒色のセダン。事件後、同本部が車両照会しても該当がなかった。車検切れなどで登録が抹消されているケースもあり、慎重に調べる。

 同本部などによると、射殺された任侠山口組の楠本勇浩組員(44)は、同組の織田絆誠代表(50)の警護役だったとみられる。12日午前10時ごろ、織田代表らを乗せた3台の車列に西から来た車が衝突し、楠本組員が、衝突した車から降りてきた男ともみ合いになり、頭などを撃たれたという。男らは車を現場に放置したまま逃走した。

 同本部は指定暴力団神戸山口組が織田代表を狙った対立抗争事件とみて捜査。同組の中核団体「山健組」傘下組員の数人が関与したとの情報があり、同本部が調べている。

2017/9/13