連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷

動画一覧へ
指定暴力団山口組顧問の通夜が営まれる施設に集まる関係者ら=25日午後、神戸市北区
拡大
指定暴力団山口組顧問の通夜が営まれる施設に集まる関係者ら=25日午後、神戸市北区
指定暴力団山口組顧問の通夜が営まれる施設に集まる関係者ら=25日午後、神戸市北区
拡大
指定暴力団山口組顧問の通夜が営まれる施設に集まる関係者ら=25日午後、神戸市北区

 指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の「顧問」で、直系団体「章友会」(大阪市北区)の石田章六会長が病死したことが25日、捜査関係者への取材で分かった。同日夕に神戸市北区の葬儀場で通夜が予定され、篠田建市(通称・司忍)組長(74)らの参加が見込まれることから、兵庫県警は厳重な警戒に当たっている。

 捜査関係者らによると、石田会長は23日に83歳で死亡した。1969年に山口組直系組長となり、現体制の中では最高齢となっていた。顧問は最高幹部ポストの一つという。

 山口組の直系組長は分裂前に73人いたが減少し、石田会長の死去で53人となった。一方、対立する指定暴力団神戸山口組(本拠地・淡路市)は離脱当初の13人から24人に増えている。

2016/10/25