連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷

動画一覧へ
竹中組事務所から任意同行される安東美樹容疑者(右)=29日午前10時31分、姫路市安田4
拡大
竹中組事務所から任意同行される安東美樹容疑者(右)=29日午前10時31分、姫路市安田4

 兵庫県姫路市内の民家で銃6丁と実弾を所持したとして、兵庫県警薬物銃器対策課と暴力団対策課は29日、銃刀法違反(加重所持)の疑いで、指定暴力団山口組直系団体「竹中組」(姫路市安田)の組長安東美樹容疑者(61)と、同組系組員2人を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。県警は昨年8月に分裂した指定暴力団神戸山口組とのトラブルに備え、組ぐるみで銃を所持した疑いもあるとみて、入手経路の解明などを進める。

 捜査関係者によると、安東容疑者らは共謀し7月、同容疑で逮捕状が出ている竹中組系組員(37)の親族が関係する姫路市内の民家で、拳銃5丁と散弾銃1丁、銃弾数十発を所持した疑いが持たれている。

 県警は7月、入手した情報を基にこの民家を捜索し、「回転式」と「自動式」の拳銃などを発見した。

 逮捕に先立って県警は29日午前、捜査員約30人態勢で竹中組事務所を捜索。安東容疑者に任意同行を求めた。

 竹中組は県内に2団体ある山口組直系団体の一つ。もとは「柴田会」を名乗っていたが、分裂後に4代目山口組組長の名字を冠した組織名に変更した。一方、安東容疑者は4代目組長の人事を巡る「山一抗争」(1985~87年)に絡み、88年に対立する一和会会長宅(神戸市東灘区)を襲撃したなどとして逮捕され、実刑判決を受けたこともある。

 県内では今年、神戸山口組の本拠地がある淡路市志筑の海中から拳銃1丁と銃弾15発が見つかり、山口組総本部がある神戸市灘区の側溝でも未使用の銃弾数発が発見されている。

2016/9/29