連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷

動画一覧へ
墓参りに訪れた山口組最高幹部の姿を、写真撮影する兵庫県警の捜査員=20日午前、神戸市灘区
拡大
墓参りに訪れた山口組最高幹部の姿を、写真撮影する兵庫県警の捜査員=20日午前、神戸市灘区

 指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の最高幹部らが20日午前、同組歴代組長の墓がある兵庫県内の霊園に姿を見せた。5日には、同組組長に対し、対立する指定暴力団神戸山口組(本拠地・淡路市)系組員ら約20人が「サインくださぁい」と挑発する騒動も起きていることから、兵庫県警は周辺で警戒に当たった。

 捜査関係者によると、彼岸に合わせた毎年定例の墓参りで、神戸市や姫路市の歴代組長の墓に、集まったとみられる。

 神戸市灘区の霊園には、午前9時前から最高幹部を含む直系組長8人が姿を見せた。県警は捜査員らを配置し、トラブルの抑止に加え、写真を撮るなどして情報収集した。この霊園では山口組の篠田建市(通称・司忍)組長(74)の姿は確認されず、混乱はなかった。

 県警は、神戸市中央区の山陽新幹線新神戸駅で起きた“サイン騒動”を、神戸山口組系組員による挑発と威嚇行為と判断。駅に無断で立ち入った建造物侵入容疑にあたるとして、8日に神戸側の中核団体「山健組」(同市中央区)など9カ所を一斉に捜索した。

2016/9/20