連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷

動画一覧へ
墓参りに訪れた指定暴力団山口組の篠田建市組長(左から2人目)=23日午前9時58分、神戸市灘区
拡大
墓参りに訪れた指定暴力団山口組の篠田建市組長(左から2人目)=23日午前9時58分、神戸市灘区
墓参りに訪れた指定暴力団山口組の篠田建市組長(中央)=23日午前10時、神戸市灘区
拡大
墓参りに訪れた指定暴力団山口組の篠田建市組長(中央)=23日午前10時、神戸市灘区

 指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の篠田建市(通称・司忍(つかさ・しのぶ))6代目組長(74)らが23日午前、同組歴代組長の墓がある同市灘区内の霊園に姿を見せた。同組と対立する指定暴力団神戸山口組(本拠地・淡路市)との間で緊張状態が続いており、兵庫県警が警戒にあたった。

 捜査関係者によると、山口組の3代目組長の命日に合わせた墓参りで、同組直系組長ら約20人が集合。篠田組長は午前10時前に乗用車で訪れ、数分で霊園を後にした。周辺で防弾チョッキ姿の捜査員らが警戒したが、大きな混乱はなかった。

 昨年8月の山口組分裂以降、兵庫県を含む全国で両団体による衝突が続発。5月31日に岡山市で神戸山口組系組幹部が射殺された事件では、山口組系組員が逮捕された。

 分裂との関連は不明だが、今月15日には名古屋市でも神戸側の組員が射殺される事件があった。兵庫県警などは抗争抑止に向け、情報収集や両団体の関連施設周辺での警戒を強めている。

2016/7/23