連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷

 実際には暴力団幹部が住む住宅にもかかわらず、知人名義で銀行から住宅ローンを受けたとして、兵庫県警暴力団対策課と東灘署などは29日、詐欺容疑で、暴力団神戸山口組の有力団体「山健組」最高幹部、中田浩司容疑者(56)=神戸市中央区中山手通6=を逮捕した。

 ほかに大阪府貝塚市の自称不動産業の男(55)を逮捕し、中田容疑者の元親族の逮捕状も取った。

 2人の逮捕容疑は共謀し2008年10~12月、中田容疑者と親族が住む神戸市内の土地と建物を取得するため、住む意思のない男の名義で銀行に住宅ローンを申し込み、3400万円の融資を受けた疑い。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 中田容疑者は、山健組傘下で5代目山口組組長(故人)の出身母体でもある「健竜会」(神戸市中央区)の会長。県警はこの日、関係先として同会事務所など14カ所を捜索した。

2015/9/29