連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

震災インタビュー

  • 印刷
(撮影・三浦 拓也)

(撮影・三浦 拓也)

 夢追い続けアテネで「金」/人間の温かさを感じた

 一人暮らしの神戸市長田区で被災した。
 地震の直前に目が覚めた。寝起きで、あの揺れ。地震と気付くまで数秒かかった。車いすで部屋の外に出た。市営住宅は無事だったが、余震が怖く、一階の部屋に戻れなかった。集会所が避難所になったが、車いすなので迷惑が掛かると思って、マイカーに逃げ込んだ。青空駐車場の出入り口はがれきでふさがれ、車を動かすことはできない。ガソリンもほとんどなかった。車いすで遠くに行くのも無理だと思い、車で暮らし始めた。

2004/11/10

天気(4月10日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ