連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

震災インタビュー

  • 印刷

 命の重み感じ、考えて/再生医療に“被災地哲学”を

 「絶対音感」や「青いバラ」、最近は生命科学のエッセーなど、科学技術と人間の関係性をテーマにした作品が目立つ。
 科学も人の営みだと思う。喜びも悲しみもある。科学者でもスポーツ選手でも、ある所まで来た人は信じるものへと突き進み、常に満足しない。次を見ている。ジャンルを問わず、そんな人の営みに興味がある。でも、科学を楽しむ子どもだったのは確か。中学では科学部に入っていた。

2002/7/17