連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

震災インタビュー

  • 印刷

 50年目の戦争が襲った/言葉で残し、未来の知恵に

 安水さんは神戸で生まれ育ち、神戸大在学中から詩作を始めた。空襲で焼けた街も、戦後の成長も、震災で再び壊滅した街も、その中に身を置いて体で感じてきた。今年三月に発表した震災詩集「生きているということ」を読むと、その歴史の積み重ねが生む「言葉の厚み」を感じ取ることができる。詩人は、この街の歩みをどう見てきたのか。
 その人、その人にとっての「震災」がある。一人ひとり、抱えるものが違う。「震災で変わったでしょう」と言われて当惑する人がいる。逆に「変わらないでしょう」と言われて当惑する人もいる。五年だからといって、皆が「さあ復興」とはならない。

1999/11/23

天気(4月10日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ