連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記者が語る 最初の1週間

記者が語る 最初の1週間

 1995年1月17日、未曽有の揺れに遭遇した神戸新聞の記者たちは、未明の街に飛び出し、取材を始めた。倒れた家、広がる炎、避難する人々-。生々しい光景が震災報道の原点となった。当時の記者たちが、地震発生後から約1週間の取材フィルムから数枚をピックアップ。25年前を思い起こす。

天気(2月26日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ