医療

新ひょうごの医療
病気ごとに医療の最前線を取材。
診療に役立つ情報をタイムリーに紹介します。

旧「ひょうごの医療」ページはこちら

がんゲノム医療 本格化

  • 印刷
がん治療や遺伝の専門家が集まり、パネル検査の結果を検証する会議「エキスパートパネル」=神戸市中央区楠町7(撮影・鈴木雅之)

がん治療や遺伝の専門家が集まり、パネル検査の結果を検証する会議「エキスパートパネル」=神戸市中央区楠町7(撮影・鈴木雅之)

 そもそもがん細胞とは何か。神戸大病院の腫瘍・血液内科によると、体の正常な細胞の遺伝子が、たばこや紫外線、発がん性物質などで変異し、無秩序に増えるようになったものだという。細菌などの“外敵”と違い、元々自分の体の一部だっただけに、病気から体を守る免疫反応が働きにくくなってしまう。その結果がん細胞は正常な組織に入り込み、転移して増え続ける。重要な臓器を侵し、最後は死に至らしめる。

■分子標的薬

2020/1/4

 がん細胞の遺伝子変異を調べて最適な薬を探す「がんゲノム医療」が、兵庫県内でも本格化している。昨年6月、遺伝子変異を調べる「パネル検査」が公的医療保険の適用対象となり、その後国が県内3カ所の拠点病院などを指定した。同検査で臨床試験(治験)申請につながるのは現状1割程度と過度な期待は禁物だが、がん治療の選択肢は増えた。2020年初回の「新・ひょうごの医療」は、患者に合わせた“テーラーメード”となり得る、がんゲノム医療の現状を取り上げる。

○エキスパートパネル

天気(2月26日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 50%

  • 10℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 60%

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ