連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

地域共生プロジェクト

  • 印刷

 国史跡・竹田城跡のある朝来市和田山町竹田の観光振興を考える「竹田地域ビジョン会議Ⅱ」の第2回全体会が3日、同市の竹田地区コミュニティセンターであった。三つのテーマで議論してきた分科会から中間報告がされた。

 広報・PR分科会は、駐車場やバスの発着場所など城跡までのアクセスや登城ルールについて案内が少なく、観光客にとって分かりにくい現状を指摘。「案内表示やパンフレット設置場所の整備など、基本情報を観光客に届けることがまず必要」とした。

 観光ルート分科会は石畳の道や水路、石橋など、町歩きで見つけたスポットを地図に落として紹介。グルメ分科会は朝来市の特産、「岩津ねぎ」を使ったメニューづくりに取り組むとした。

 報告を聞いた委員からは「30分、1時間の町歩きコースやお寺巡りコースなど、観光客が気楽に町を歩けるルートをつくってほしい」などの意見があった。(長谷部崇)

2015/12/4

天気(7月3日)

  • 24℃
  • 22℃
  • 80%

  • 25℃
  • 19℃
  • 70%

  • 25℃
  • 22℃
  • 80%

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

お知らせ