連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

地域共生プロジェクト

  • 印刷
連携協定を結び、握手を交わす加古川市の岡田康裕市長(右)と甲南大の長坂悦敬学長=加古川市役所
拡大

連携協定を結び、握手を交わす加古川市の岡田康裕市長(右)と甲南大の長坂悦敬学長=加古川市役所

連携協定を結び、握手を交わす加古川市の岡田康裕市長(右)と甲南大の長坂悦敬学長=加古川市役所

連携協定を結び、握手を交わす加古川市の岡田康裕市長(右)と甲南大の長坂悦敬学長=加古川市役所

 兵庫県加古川市と甲南大学(神戸市東灘区)は24日、産業振興やまちづくり、市民協働の推進など、さまざまな分野で協力する包括的な連携協定を結んだ。

 両者は2016年度、神戸新聞社パートナーセンターの橋渡しで、加古川市内の企業が抱える課題をテーマに同大の学生が調査研究し解決策を提案する「加古川『知』を結ぶプロジェクト~行政・大学・地元メディアによる地域の課題解決」を実施。連携をより強化するため、協定を結んだ。

 締結式で同大の長坂悦敬(よしゆき)学長は「大学と地域の連携で新たなモデルになり得る。この関係を大事にし、さらに発展させていきたい」とあいさつ。岡田康裕市長は「地域の課題解決につながる素晴らしい協定を結ぶことができた」と述べた。神戸新聞社の面出輝幸取締役は「市民にも参加してもらえる取り組みに発展することを願っている」と語った。

 また同大は本年度の「知」を結ぶプロジェクトについて、企業だけでなく、観光振興などに関わる課題もテーマにする方針を明らかにした。式には同窓生でつくる「東播磨甲南会」の三宅隆宏会長も同席した。

 協定は1年ごとに更新される。同大はこれまでに神戸市や堺市などと連携協定を結んでいる。一方、加古川市は06年に兵庫大、加古川商工会議所と3者で協定を締結している。(切貫滋巨)

2017/5/25

天気(7月3日)

  • 24℃
  • 22℃
  • 80%

  • 25℃
  • 19℃
  • 70%

  • 25℃
  • 22℃
  • 80%

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

お知らせ