連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

地域共生プロジェクト

  • 印刷

正月三が日、知人から以前にもらった「岡山すごろく」を広げてみた。表紙に「岡山県27市町村の名所、名産品がひと目でわかる」とある◆例えば赤穂市のお隣の備前市。日生(ひなせ)のカキ入りお好み焼きと岡山藩が庶民教育のために開いた閑谷(しずたに)学校が描かれている。詳しい解説文も付いており、家族で楽しみながら歴史や文化を学べる◆コマを進めつつ先月、阪神版に載った記事を思い出した。市政100周年を迎える尼崎市の歴史をテーマにしたすごろくを園田学園女子大生らが制作した。市内の全児童に配布するという◆住民は意外と地元の良さがわからない。朝来市では、まちづくり会議の市民ら約40人が竹田城跡だけに頼らない新たな観光施策を協議している。昨年11月には城下町の竹田地区を歩いて観光資源を調査した◆同会議に関学大が協力している関係で学生3人も参加した。散策に適した水路のある歩道、入ってすぐ広い土間がある民家など心に残るポイントをマップにした。住民も「気づかなかった魅力を発見してくれた」と喜んでいた◆兵庫県内の各自治体にとって人口減対策は喫緊の課題だ。古里を離れた若者を呼び戻すためには、地元への愛着と誇りを育む必要がある。尼崎のように若い世代の視点や発想を生かした地域すごろくが各地に広がればいい。2016・1・4

2016/1/4

天気(7月3日)

  • 24℃
  • 22℃
  • 80%

  • 25℃
  • 19℃
  • 70%

  • 25℃
  • 22℃
  • 80%

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

お知らせ