連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

地域共生プロジェクト

  • 印刷

 兵庫県朝来市と神戸新聞社は22日、国史跡・竹田城跡を生かした観光振興や定住促進など、まちづくりに協力して取り組む連携協定を結んだ。日本新聞協会によると、自治体と新聞社がまちづくりで協定を結ぶのは全国的にも珍しいという。

 調印式は、同市和田山町竹田の観光施設「旧木村酒造場EN」で開かれ、多次勝昭市長と高士薫社長が協定書を交わした。

 多次市長は「竹田城跡をどう生かすか、朝来市の観光はどうあるべきか。力を借りて考えたい」とあいさつ。高士社長は「報道するだけでなく、当事者として兵庫の将来を考えていく。住民や企業、大学などをつなぎ、朝来の活性化を後押ししたい」と話した。

 神戸新聞社は3月、読者や県民とともに地域の未来づくりに取り組む「地域共生プロジェクト」を始動。今回の協定は具体策の第1弾となる。

(浅野広明)

2015/4/23

天気(7月3日)

  • 24℃
  • 22℃
  • 80%

  • 25℃
  • 19℃
  • 70%

  • 25℃
  • 22℃
  • 80%

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

お知らせ