社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 長崎市は4日、長崎原爆投下日の8月9日に開く平和祈念式典で「平和への誓い」を読み上げる被爆者代表を選ぶ審査会を開き、長崎市のカトリック信徒で被爆者の深堀繁美さん(89)に決めた。

 被爆者代表は2017年から公募制となり、被爆者手帳の有無や居住地、国籍を問わず、自らの被爆体験を語れる人を募集。今年は長崎県内外から計13人の応募があり、有識者や被爆者団体の代表らでつくる審査会が、書類審査で7人に絞り込んだ。

 昨年は、英語を駆使して国内外で語り部活動を続けてきた長崎市の被爆者山脇佳朗さん(86)が選ばれた。

社会の最新
もっと見る

天気(7月3日)

  • 24℃
  • 22℃
  • 80%

  • 25℃
  • 19℃
  • 70%

  • 25℃
  • 22℃
  • 80%

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

お知らせ