政治

  • 印刷
 衆院憲法審査会で発言する与党筆頭幹事の新藤義孝氏(左から3人目)。左端は野党筆頭幹事の山花郁夫氏=28日午前
拡大
 衆院憲法審査会で発言する与党筆頭幹事の新藤義孝氏(左から3人目)。左端は野党筆頭幹事の山花郁夫氏=28日午前

 衆院憲法審査会は28日午前、憲法改正手続きを定めた国民投票法をテーマに自由討議を行った。与党筆頭幹事の新藤義孝氏(自民党)は国会提出から2年近く経過した同法改正案について「早急に質疑、採決して結論を得るのは当然のことだ」と早期採決を求めた。野党筆頭幹事の山花郁夫氏(立憲民主党)は、国民投票時の政党CM規制について「資金量の多寡によって結果に影響を与える恐れがある」などとして、議論を深める必要性を指摘した。審査会の開催は今国会で初。

 改正案は、自民、公明両党などが2018年6月に国会提出し、翌月に提案理由説明を行ったが、質疑は一度も実施されていない。

政治の最新
もっと見る

天気(7月5日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ