総合 総合 詳報

  • 印刷
 見本市施設IFEMAに設けられた「野戦病院」で、新型コロナウイルス感染症患者の受け入れに備えるスタッフら=3月22日、スペイン・マドリード(ゲッティ=共同)
拡大
 見本市施設IFEMAに設けられた「野戦病院」で、新型コロナウイルス感染症患者の受け入れに備えるスタッフら=3月22日、スペイン・マドリード(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】スペインで新型コロナウイルスの感染確認者が大幅な増加を続け、保健省の2日の発表によると11万238人になり、欧州最多のイタリア(1日発表で11万574人)とほぼ並んだ。病床不足解消のため首都マドリードの巨大な見本市施設に軍が「野戦病院」を設営。政府は外出制限の効果で感染拡大の勢いは弱まっているとするが、死者は前日の集計から950人増え、1万3人に。1日当たりの増加数の最多を更新した。

 「患者がひしめき合い、戦争のよう」。スペイン紙パイスは、3月下旬にマドリードの見本市施設に急きょ設けられた「病院」へ志願して向かった看護師の証言を伝えた。

総合の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 26℃
  • 17℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ