経済 経済 新商品

  • 印刷

 奥飛騨温泉郷の旅館「奥飛騨薬師のゆ本陣」(岐阜県高山市)が破産申請することが1日、代理人弁護士らへの取材で分かった。新型コロナウイルス感染拡大で宿泊客が激減し、終息の見通しも立たないため営業継続を断念した。

 代理人弁護士によると、負債総額は約2億1千万円。千葉県の感染者が2月に奥飛騨温泉郷に宿泊していたことが判明したことや、他国からの渡航制限が相次いだことを受け、キャンセルが増加したという。

 当初は3月末に休館し7月以降の再開を検討したが、世界的に感染拡大が止まらず、破産申請することを決めた。

経済の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 26℃
  • 17℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ