社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 同性同士での生活を40年以上続けてきたパートナーの急逝後、共に築いたはずの財産を相続され、火葬に立ち会う機会なども奪われたとして、大阪府の男性(71)が、パートナーの妹に慰謝料700万円の支払いと財産の引き渡しを求めた訴訟で、大阪地裁(倉地真寿美裁判長)は27日、請求を棄却した。

 判決によると、原告は1970年ごろパートナーと知り合い、その後同居を開始。パートナーは2016年に急逝した。原告は葬儀の喪主を務めたいと希望したが、妹に断られ、火葬にも参列できなかった。パートナー名義の財産は妹が相続した。