社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 大阪府高槻市の運送会社で課長が包丁で刺され死亡した事件で、殺人容疑で逮捕された同社元従業員の松井保容疑者(34)が「会社から不当に解雇され、課長と争っている時に誤って胸に刺さった」と容疑を否認していることが28日、府警捜査1課への取材で分かった。

 事件は27日に発生。松井容疑者は酒に酔って会社のガラスを割ったなどとして26日に解雇されていた。「迷惑を掛けた時に書いた誓約書を返してほしかった。包丁は脅すために持って行った」と話している。27日は課長が松井容疑者の対応をしていたという。

 逮捕容疑は課長の脇坂勇樹さん(40)の胸などを包丁で刺して殺害した疑い。

社会の最新
もっと見る

天気(3月29日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ