社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 アイドル活動をする女性が会員制交流サイト(SNS)に投稿した写真から住所を特定し、わいせつな行為をしてけがをさせたとして、強制わいせつ致傷罪などに問われた無職佐藤響被告(27)=さいたま市北区=に、東京地裁は26日、懲役2年6月(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。被告は女性の熱烈なファンだったという。

 公判で検察側は、投稿写真の瞳に映った背景や、女性が配信した動画のカーテンの色で、最寄り駅やマンションの階を特定し、さらに動画配信中にインターホンを鳴らすことで部屋番号も突き止めたと指摘。アイドルとしての活動を悪用した悪質な犯行だと主張した。

社会の最新
もっと見る

天気(3月29日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ