社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 和歌山市は18日、市内8カ所の児童館のうち2カ所で計約1900万円の不正支出があったとして、当時担当だった市民環境局環境部センター長(57)を停職6カ月、同局市民部副課長(56)を減給10分の1(1カ月)とするなど、職員15人の処分を発表した。

 市によると、センター長は市内の地区の一つで子ども会の事務局長を務めていた2013~17年度に、児童館職員に架空の領収書などを渡し、市の交付金約1017万円を目的外に流用。

 子ども会の活動に使ったかのように装っていたが、指導者養成の活動費などに充てていたという。全額返還済みで、市は私的流用はないとしている。

社会の最新
もっと見る

天気(3月29日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ