経済 経済 新商品

  • 印刷

 不動産経済研究所が17日発表した首都圏(1都3県)の1月のマンション1戸当たりの平均価格は、前年同月に比べ47・9%高い8360万円と、1973年の調査開始以来、過去最高となった。発売戸数が低迷する中、東京23区で大型の高額物件が売り出されたため。従来の最高額はバブル期だった90年11月の7497万円。

 23区に限れば1億511万円で、92年11月以来の1億円超えとなった。価格の高い23区が全発売戸数の約6割を占め、平均価格を押し上げた。担当者は「郊外の発売戸数が落ち込む中で極端な価格となった」と述べ、一時的な水準との見方を示した。

経済の最新
もっと見る

天気(3月29日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ