総合 総合 詳報

  • 印刷
 植松聖被告(フェイスブックから)
拡大
 植松聖被告(フェイスブックから)

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件の横浜地裁(青沼潔裁判長)の裁判員裁判第15回公判で、検察側は17日、殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(30)に死刑を求刑した。「19人もの命を奪い、単独犯としては類を見ない。考えを正当化し続け、更生の意欲も可能性もない」と訴えた。

 論告に先立ち、殺害された美帆さん=当時(19)=の母が意見陳述。「美帆は毎日を一生懸命生きていた。美帆を返して。こんなひどいことをした人がなぜ生きているのか分からない。どんな刑でも絶対に許さない」と述べた。

総合の最新
もっと見る

天気(4月4日)

  • 18℃
  • 12℃
  • 10%

  • 21℃
  • 4℃
  • 50%

  • 19℃
  • 10℃
  • 10%

  • 21℃
  • 8℃
  • 30%

お知らせ