総合 総合 詳報

  • 印刷
 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
拡大
 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 厚生労働省などは13日、和歌山県に住む50代の男性外科医が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。肺炎を発症し入院している。国内の医療関係者のウイルス感染が明らかになったのは初。

 東京都内のタクシーの男性運転手の感染も同日確認。運転手は「中国人らしき客を乗せた」と話している。

 国内で感染が確認されたのは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者を含めて249人となった。

 和歌山県によると、外科医は同県湯浅町の済生会有田病院に勤務。

 外科医は1月31日に発熱。今月8日にコンピューター断層撮影装置で肺炎の症状を確認し、10日に入院。発症前14日間の渡航歴はない。

総合の最新
もっと見る

天気(6月6日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ