社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 18日午前5時35分ごろ、香川県三豊市高瀬町下麻の県道で、乗用車と高松空港行きの大型バスが正面衝突し、乗用車を運転していた同県観音寺市の塗装工矢野啓吾さん(20)と、同市の塗装工戸田嵐士さん(20)が意識不明の重体となった。

 三豊署によると、バスは三豊市の商業施設を出発したばかりで、乗客はおらず、愛媛県今治市の男性運転手(27)にけがはなかった。

 現場は片側1車線の見通しの良い直線。署は事故の状況から乗用車が対向車線にはみ出し、衝突したとみて詳しい原因を調べている。

 乗用車には重体になった2人が乗っていた。

社会の最新
もっと見る

天気(2月18日)

  • 9℃
  • 2℃
  • 40%

  • 6℃
  • 0℃
  • 90%

  • 9℃
  • 3℃
  • 30%

  • 8℃
  • 1℃
  • 50%

お知らせ