政治

  • 印刷
 衆院安保委の閉会中審査で、答弁のため挙手する河野防衛相。奥は茂木外相=17日午前
拡大
 衆院安保委の閉会中審査で、答弁のため挙手する河野防衛相。奥は茂木外相=17日午前

 衆院安全保障委員会は17日、海上自衛隊の中東派遣について閉会中審査を開いた。河野太郎防衛相は現地情勢に関し「自衛隊がなんらかの武力紛争に巻き込まれるような危険があるとは考えていない」との認識を示した。野党が求める新法制定の必要性は否定。政府が昨年12月に派遣を閣議決定して以降、国会審議は初めて。既に護衛艦とP3C哨戒機に派遣命令が出されている。

 河野氏と茂木敏充外相は安保委で日本関係船舶の安全確保のため、情報収集態勢を強化する必要があるとして海自の中東派遣に理解を求めた。

 河野氏は「日本関係船舶の防護を直ちに実施しないといけない状況にはない」と指摘した。

政治の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 50%

  • 10℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 60%

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ