政治

  • 印刷

 【アブダビ共同】安倍晋三首相は13日(日本時間同)、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで、アブダビ首長国のムハンマド・ビン・ザイド皇太子と会談し、日本への原油の安定供給維持を確認した。米国とイランの対立で緊迫する中東情勢の安定化に向けて緊密に連携する方針でも一致した。首相は海上自衛隊の中東派遣について理解を求めた。

 中東歴訪の2カ国目となるUAEは、日本にとってサウジアラビアに次ぐ原油の輸入元で、物流の要衝であるホルムズ海峡にも近い。会談で首相は原油の安定供給への謝意を表明。ムハンマド氏は、今後も安定供給に「大きな配慮を示していく」と応じた。

政治の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 50%

  • 10℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 60%

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ