総合 総合 詳報

  • 印刷
 福岡県小郡市で妻子3人が殺害された事件の被告に死刑判決を言い渡した福岡地裁の法廷=13日午後(代表撮影)
拡大
 福岡県小郡市で妻子3人が殺害された事件の被告に死刑判決を言い渡した福岡地裁の法廷=13日午後(代表撮影)

 福岡県小郡市の住宅で2017年6月、妻子3人を殺害したとして殺人罪に問われた元県警警察官中田充被告(41)の裁判員裁判で、福岡地裁(柴田寿宏裁判長)は13日、求刑通り死刑判決を言い渡した。直接証拠はなく、被告は逮捕段階から一貫して無罪を主張していた。

 柴田裁判長は「現職警察官が妻子3人を殺害した衝撃的な事件で、社会的影響も軽視できない」と述べた。

 判決によると、被告は通信指令課所属の巡査部長だった17年6月5日深夜~6日朝、自宅で由紀子さんと小4の長男涼介君=当時(9)、小1の長女実優さん=同(6)=の首を絞めるなどして、いずれも窒息死させた。