社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 「岡山県 あおり110番 鬼退治ボックス」に寄せられた映像。ダンプカーがウインカーを出さずに進路変更する割り込み運転をした(岡山県警提供、画像の一部が加工されています)
拡大
 「岡山県 あおり110番 鬼退治ボックス」に寄せられた映像。ダンプカーがウインカーを出さずに進路変更する割り込み運転をした(岡山県警提供、画像の一部が加工されています)

 岡山県警は5日、危険運転の情報や動画の提供を求めるため11月に開設した専用サイト「岡山県 あおり110番 鬼退治ボックス」に寄せられた映像を基に、道交法の進路変更禁止違反で違反告知したと発表した。同サイトを通じた摘発は初めて。

 県警交通指導課によると、11月16日午後4時ごろ、倉敷市の国道2号で、同市の40代男性のダンプカーがウインカーを出さずに進路変更する割り込み運転をした。同月27日にドライブレコーダーの映像提供を受けた県警は、映像を精査したり提供者から当時の状況を聞いたりし、あおり運転につながる危険な行為があったと判断、今月2日に違反告知した。

社会の最新
もっと見る

天気(1月21日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 20%

  • 8℃
  • 5℃
  • 50%

  • 11℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ