総合 総合 詳報

  • 印刷
 17日、トルコの首都アンカラで握手するエルドアン大統領(右)とペンス米副大統領(ゲッティ=共同)
拡大
 17日、トルコの首都アンカラで握手するエルドアン大統領(右)とペンス米副大統領(ゲッティ=共同)

 【イスタンブール、ワシントン共同】ペンス米副大統領は17日、トルコの首都アンカラでエルドアン大統領と会談後に記者会見し、シリア北部の停戦で合意したと明らかにした。トルコが5日間、侵攻作戦を停止する間に少数民族クルド人の民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」を退避させることなどが柱で、トルコのチャブシオール外相も作戦停止を確認した。

 合意達成は当初困難とみられていたが、トルコ側の要求を米側が大きく認めた形で、米メディアは「トルコの大勝」と報じた。突然の米軍撤収決定がトルコ侵攻を招いたとして強い批判にさらされるトランプ大統領は「素晴らしい成果だ」と強調した。

総合の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • 8℃
  • 20%

  • 10℃
  • 7℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 10%

  • 12℃
  • 8℃
  • 30%

お知らせ