総合 総合 詳報

  • 印刷
 エリザベス女王(中央左)が列席し、始まった英議会の新会期=14日、ロンドン(AP=共同)
拡大
 エリザベス女王(中央左)が列席し、始まった英議会の新会期=14日、ロンドン(AP=共同)

 【ロンドン共同】英国の欧州連合(EU)離脱の行方を左右する英議会の新会期が14日始まり、慣例により、政府の起草した施政方針をエリザベス女王が読み上げた。女王は「10月末の(期日通りの)離脱実現が政府の優先課題」だと指摘、「EUとの新たな関係構築に向けて努める」とする政府の方針を強調した。

 10月末の離脱を公約に掲げ、混乱が予想される「合意なき離脱」も辞さないジョンソン首相の強硬路線に対し、野党側は反発を強めている。議会での攻防は今後、最大のヤマ場を迎える。

 EUからの離脱を見据え、施政方針は農業や漁業、貿易の分野で英国独自の新たな政策を模索すると説明。

総合の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • 8℃
  • 20%

  • 10℃
  • 7℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 10%

  • 12℃
  • 8℃
  • 30%

お知らせ