総合 総合 詳報

  • 印刷
 飯森裕次郎容疑者(中央)
拡大
 飯森裕次郎容疑者(中央)

 大阪府吹田市の交番で古瀬鈴之佑巡査(26)が包丁で刺され拳銃を奪われた事件で、直前にあった虚偽110番の通報者が連絡先を聞かれ「携帯電話を持っていない」と話していたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。吹田署捜査本部は飯森裕次郎容疑者(33)が身元の特定を恐れ、うその説明をしたとみている。

 捜査関係者によると、虚偽110番は16日午前5時28分、阪急千里線関大前駅ホームにある公衆電話からあった。大阪府警通信指令室の担当者が連絡先を尋ねると「携帯電話を持っていない」と回答。「空き巣被害が怖くなって外にいる」と言って自宅の電話番号も答えなかった。

総合の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ