社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 神戸地裁姫路支部(兵庫県姫路市)の敷地で民事訴訟関係者同士のトラブルを仲裁しようとして男性を突き飛ばし、脇の女性と共に転ばせたとして、神戸区検は19日、暴行罪で村上泰彦裁判官(57)を略式起訴した。神戸簡裁は同日、罰金10万円の略式命令を出し、裁判官は即日納付した。

 起訴状や捜査関係者によると、昨年11月5日午後、担当していた親族間の子どもの引き渡しに関する訴訟で判決を言い渡した後、当事者同士が敷地内で言い争っているのを見つけ、子どもを引き離そうとして被告側の男性の背中を押して、脇にいた女性と共に転ばせたとしている。

社会の最新
もっと見る

天気(7月14日)

  • 26℃
  • 22℃
  • 80%

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 26℃
  • 21℃
  • 80%

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

お知らせ