東播

  • 印刷
加古川市の名所や名物を描いた階段アート=JR加古川駅前
拡大
加古川市の名所や名物を描いた階段アート=JR加古川駅前

 JR加古川駅前に、兵庫県加古川市の名所や名物をPRする階段アートがお目見えした。猫のようなキャラクターがかつめしを頬張る姿に将棋の駒をあしらうなど、愛らしくアピールし、見る人の心を和ませている。

 市と加古川観光協会が、加古川ヤマトヤシキにつながる36段の階段で企画。幅3~4・5メートル、高さ12・5メートルで、同市出身のイラストレーター久保田裕美さんがデザインした。加古川をイメージした水色と白の縦じまを背景に、地場産業の靴下や水管橋、市花のツツジを盛り込んだ。

 階段へ続く路面には、観光名所を描いたシート(縦60センチ、横120センチ)14枚を設置。鶴林寺(加古川町北在家)や多木浜洋館(別府町東町)などについて、同市在住の有田ようこさんがイラストを手掛け、文章とともに紹介している。(斉藤正志)

東播の最新
もっと見る

天気(7月1日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ