東播

  • 印刷
加古川市役所に設けられたコールセンター=同市加古川町北在家
拡大
加古川市役所に設けられたコールセンター=同市加古川町北在家

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、兵庫県加古川市は11日、各種支援策についての相談や問い合わせを、電話で一元的に受け付けるコールセンターを設けた。市役所1階ロビーには総合案内所も設置。国民に一律10万円を配る「特別定額給付金」の申請手続きや、市の補助制度などを案内する。

 コールセンターは、市新型コロナ感染症生活支援課内に12人態勢で設け、7回線を開設。初日は205件の電話があった。国や県の経済対策などについても、所管する機関やその電話番号を案内し、当面は土日祝日も対応する。

 総合案内所も同じ役割を担い、窓口を3ブース設置。初日は91件に対応した。机上に透明の仕切りを立てて感染防止にも配慮するが、同課は「人との接触機会を極力減らすためにも、できるだけ相談は電話にしてほしい」と呼び掛ける。平日のみ。

 いずれも午前9時~午後5時。コールセンターTEL079・421・3010

(斉藤正志)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

東播の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ