東播

  • 印刷
東播磨県民局が制作した「コウノトリみわけかたガイド」
拡大
東播磨県民局が制作した「コウノトリみわけかたガイド」

 兵庫県の東播磨県民局はポケットサイズの「コウノトリみわけかたガイド」を作製し無料配布しているほか、東播地域にいるコウノトリの写真を募るなど、市民に親しんでもらう取り組みに力を入れている。

 ガイドは切り込みの入ったA4判の用紙で、折り畳むと8ページの小冊子になる。くちばしが黒い▽目の周りが赤い▽羽の先が黒い-などの特徴を紹介。アオサギやダイサギなど、コウノトリに似た鳥と比較する図解も示し、「この辺(東播地域)で最大の鳥」と説明する。個体識別用に付けられている足環の意味も掲載している。

 同じサイズの「コウノトリクイズ」も作製し、コウノトリが来たため池の数や、食べ物などを質問している。

 一方、同県民局は明石市を含む東播磨地域でコウノトリの写真を撮影した人に、図書カードやピンバッジを贈るキャンペーンを2月17日まで実施している。メールや郵送のほか、会員制交流サイト(SNS)で受け付ける。詳細はいなみ野ため池ミュージアムホームページに掲載。担当者は「市民の協力を得て生態を明らかにしたい」としている。

 同県民局TEL079・421・9026(新年の業務は6日から)

(本田純一)

東播の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 70%

  • 14℃
  • 2℃
  • 80%

  • 15℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 4℃
  • 70%

お知らせ