東播

  • 印刷
基盤をつないで作る「電子ボイス伝言板」(奥)とセンサー=加古川市加古川町北在家
拡大
基盤をつないで作る「電子ボイス伝言板」(奥)とセンサー=加古川市加古川町北在家

 レーザー加工機など高度な機器を使い、工作に親しむ「親子で楽しむもの作り体験講座」が、兵庫県高砂市高砂町南渡海町、もの作り工房「ファブラボタカサゴ」で開かれている。来年2月末までの毎日曜日、500円で工作を楽しめる。

 一般社団法人「マチノエン」が運営。2017年に商業施設「サンモール高砂」(閉館)にオープンし、昨秋、現在の場所に移った。

 講座は、レーザー加工機で好きな絵を彫刻して作る時計や、人が動くと検知して音と光で知らせるセンサー、声でメッセージを残せる「電子ボイス伝言板」など、毎日曜日に4種類の工作を受け付ける。一部は月、水、金曜日も体験可(1月5日まで休み)。このほか1月26日にデジタルミシン、2月2日に木工立体パズルの講座がある。

 対象は小学3年くらいから中学生。保護者同伴が望ましい。要予約。ホームページで内容を紹介し、申し込みもできる。「ファブラボタカサゴ」で検索。TEL079・455・2419(留守番電話でも受け付ける)

(広岡磨璃)

東播の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 70%

  • 14℃
  • 2℃
  • 80%

  • 15℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 4℃
  • 70%

お知らせ