東播

  • 印刷
高砂市役所=高砂市荒井町千鳥1
拡大
高砂市役所=高砂市荒井町千鳥1

 兵庫県高砂市曽根町の松村川河口付近で基準を超える土壌汚染物質が検出された問題で、担当部署が事態を把握してから市長に報告するまで2カ月以上かかったことについて登幸人市長は7日、議会全員協議会で「今後の対応を含めて報告があったので齟齬はない」と発言した。これに対し、今竹大祐議長が「重大な問題。即刻報告すべきだった」と市長の姿勢に苦言を呈した。

 市によると、現場では排水機場の建設を予定。土壌調査が今年3月に始まり、担当する市治水対策室は5月下旬に「ヒ素の溶出量が基準値の5倍、フッ素が同約1・9倍、鉛が同5・5倍」という検査結果の確定値を把握した。同室はその後、県に対応を相談していたが、担当幹部から市長への報告は8月上旬までずれ込み、さらに議会への説明は同月下旬になった。

 この日の議会全員協議会で登幸人市長は議員から報告遅れとして指摘されたが、「一報があったとしても、状況を確認できないので今後の対応を整理するように指示していた。担当部署は報告しなかったが放置していたわけではない」と説明した。

 こうした発言に今竹議長は「市長にすぐ報告があれば議会につなげ、議論する時間もあった。間違いは間違いとして指導し、市政運営を進めてほしい」と指摘した。(若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(11月23日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ