丹波

  • 印刷
パナソニック社員らが作った竹灯籠=ユニトピアささやま
拡大
パナソニック社員らが作った竹灯籠=ユニトピアささやま

 大手家電メーカー「パナソニック」(大阪府)の社員や退職者OBら約50人がこのほど、兵庫県丹波篠山市矢代のユニトピアささやまで、神戸市中央区で開かれる阪神・淡路大震災の追悼行事「1・17のつどい」で使う、竹灯籠337本を作った。

 同社による篠山地域での竹灯籠作りは、2007年から続いている。同社の環境保全活動「パナソニック エコリレー ジャパン」の一環で、毎月1回、ユニトピアささやま近隣で竹林を整備する際に出た竹を使い、ろうそくを入れる竹筒に加工している。竹筒は、大阪府、京都府の竹林整備活動で作られたものと合わせて追悼行事の実行委員会に送られ、前回は計約千本を納めたという。

 竹は、直径7センチのろうそくが入るサイズのものが選ばれ、高さは、のこぎりで20~60センチに切りそろえられた。一部の竹筒には、墨で書かれた「絆」「愛」といったメッセージも添えられた。

 「パナソニック エコリレー ジャパン」事務局の山口進事務局長(56)は「追悼行事は、亡くなられた方への慰労と鎮魂から始まったと聞く。竹灯籠の製作を通じ、絆や支え合う心を語り継いでいきたい」と話した。(真鍋 愛)

丹波の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 70%

  • 14℃
  • 2℃
  • 80%

  • 15℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 4℃
  • 70%

お知らせ