丹波

  • 印刷
長さ60センチほどに育ったプラタナスの苗を校庭に植える子どもたち=篠山小学校
長さ60センチほどに育ったプラタナスの苗を校庭に植える子どもたち=篠山小学校

 昨夏の台風20号で倒れたプラタナスの復活を目指す篠山小学校(兵庫県丹波篠山市)で6年23人が22日、挿し木して育てた苗1本を校庭に植えた。今年2月に続く2度目の挑戦で、子どもたちは地域住民と共に作業し、「今度こそ大きくなって」と願っていた。

 プラタナスは明治期前半には校庭にあったと伝わる。推定樹齢140年超、高さ7~8メートルとされ、学校のシンボルとして親しまれていたが、昨年8月の台風で根元から折れてしまった。残された木から枝を取り、地元の「小田垣商店」が挿し木で育てていた。

丹波の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 0%

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ