丹波

  • 印刷
女性が乗る車椅子を押し、避難所へ向かう近隣住民=丹波篠山市東岡屋
女性が乗る車椅子を押し、避難所へ向かう近隣住民=丹波篠山市東岡屋

 災害時に自力での避難が難しい人たちを地域一丸で守る取り組みが、兵庫県丹波篠山市内で進められている。同市の東岡屋地区では、地区内の要支援者4人を対象に「災害時個別支援計画」を作成。本人や家族、近隣住民、ケアマネジャーらが意見を出し合い、必要なサポートや配慮が盛り込まれており、6日にあった避難訓練では計画の実効性や改善点について確認し合った。(大田将之)

 大規模災害では、自力で避難ができなかった高齢者や障害者が犠牲になるケースが課題となっている。東岡屋地区は2018年、同市の指定を受けて、県の「防災と福祉の連携促進モデル事業」に沿った計画の作成に着手した。同事業は県内の36市町が取り組んでおり、東岡屋地区は来年2月のフォーラムで市内の先行事例として紹介される予定。

丹波の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 0%

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ