丹波

  • 印刷
瀬尾せつ子代表(右端)から、兵主神社について学ぶ氷上高校の生徒たち=丹波市春日町黒井、兵主神社
拡大
瀬尾せつ子代表(右端)から、兵主神社について学ぶ氷上高校の生徒たち=丹波市春日町黒井、兵主神社

 来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀ゆかりの地として注目が集まる、兵庫県丹波市春日町黒井地区。10月6日には、光秀が福知山城を築いた京都府福知山市からバスツアー客約45人が同地区を訪ねる予定で、氷上高校商業科の3年生が地元の観光ボランティアと共に案内する。生徒たちは24日、丹波市などが開発した古地図アプリを手に、ガイドの予行演習を行った。(真鍋 愛)

 ガイドに参加するのは、同科の授業「課題研究」で「観光名所発見隊」を選択する生徒7人。大河ドラマの放映に向け、ガイドの養成講座に参加するなどして地域の観光資源について造詣を深めている。5月には地元ボランティア「お福ちゃんガイドの会」のメンバーに、春日局の生誕地といわれる興禅寺などを案内してもらい、観光客の視点から同地区の歴史を学んだ。

 予行演習では、同会の瀬尾せつ子代表(71)と、兵主神社や福ケ坂、興禅寺の3カ所を回った。生徒たちはスマートフォンとタブレットでアプリの解説や地図を確認しながら、瀬尾代表に改めて黒井の歴史や、光秀のライバル、赤井(荻野)直正と各名所のゆかりを教わった。

 リーダーの植田爽太さん(18)は「18年間、地元の歴史に触れてこなかったので、知識を付けるのが大変」と苦笑しつつ、「来た方たちが、丹波に興味をもって帰ってもらえたら」と意気込んでいた。

 同ツアーは午前8時半、JR福知山駅南口から出発する。参加費7千円。参加希望者は、明智光秀公研究会事務局(TEL0773・22・7366)へ。

丹波の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • 10℃
  • 20%

  • 20℃
  • 5℃
  • 40%

  • 19℃
  • 8℃
  • 10%

  • 19℃
  • 6℃
  • 20%

お知らせ