但馬

  • 印刷
芝生に張ったテントで昼食をとる親子=若杉高原おおやキャンプ場
拡大
芝生に張ったテントで昼食をとる親子=若杉高原おおやキャンプ場

 新型コロナウイルスの感染拡大で4月から臨時休業していた若杉高原おおやキャンプ場(兵庫県養父市大屋町若杉)が5月30日、営業を再開した。青空の下、訪れた親子連れら約30組がテントを張るなどして、久しぶりのアウトドアを楽しんだ。

 スキー場として営業する冬場は雪不足で10日間しか開けなかった上、キャンプ場の営業も4月4日のオープン初日のみで、翌日から休業していた。

 再開にあたっては、感染防止策のため利用組数を通常の3分の2程度に制限。グループキャンプは当面禁止とした。オンラインでのチェックインシステムを取り入れ、入場時の検温とアルコール消毒を徹底する。

 大阪府枚方市の大学職員(39)は家族4人で来場。5月の大型連休に予定していたキャンプは中止し、「ずっと家にいる生活だったので、気持ちがリフレッシュできた」と話した。小学1年の長男(6)は「星空を見るのと晩ご飯のタコライスが楽しみ」と元気に芝生を走り回っていた。(竜門和諒)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

但馬の最新
もっと見る

天気(7月12日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ