但馬

  • 印刷
養父市内の持ち帰りができる店の情報発信を企画した地域おこし協力隊の鵜殿瞳さん(左)と大森ゆかさん=養父市役所
拡大
養父市内の持ち帰りができる店の情報発信を企画した地域おこし協力隊の鵜殿瞳さん(左)と大森ゆかさん=養父市役所

 新型コロナウイルス感染拡大で利用客が減っている兵庫県養父市内の飲食店を応援しようと、持ち帰りメニューのある店の情報を集めたフェイスブックページ「やぶ市テイクアウトお店・情報」を、市地域おこし協力隊の鵜殿瞳さん(31)らが作成した。鵜殿さんは「多くの人に情報が行き届くことで、まち全体で支援する輪が広がれば」と期待している。

 ショッピングタウン「ペア」(同市八鹿町八鹿)でジュース店を開く大森ゆかさん(40)と共同で発案。市民団体「やぶのわ。」を立ち上げ、市内の飲食店を回って情報を集めた。

 これまでに中華料理店やすし店、レストランなど約20店舗をフェイスブックページに掲載。持ち帰りができるメニュー情報や写真などを積極的に発信している。フェイスブックは「やぶ市持ち帰りまとめ」で検索できる。

 また、市内のホームページ制作会社「ピーナッツ」が作っている「おさんぽたじま」のコーナーでも紹介。今後は、地図付きのチラシなどを作成する予定という。(桑名良典)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

但馬の最新
もっと見る

天気(7月7日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ