但馬

  • 印刷
夜の湯村温泉街を彩る竹灯籠=新温泉町湯
拡大
夜の湯村温泉街を彩る竹灯籠=新温泉町湯

 湯村温泉街(兵庫県新温泉町湯)の夜を竹灯籠約110本が照らすイベント「夢ナリエ」が開かれている。発光ダイオード(LED)が放つ虹色の光が、和風の図柄が刻まれた竹灯籠からあふれ、温泉街を幻想的に彩っている。7月15日まで。

 宿泊客のオフシーズンとなる4~6月のにぎわい創出を狙い、湯村温泉観光協会などが昨年始めた。

 竹灯籠は、放置竹林の問題解決などに取り組むグループ「竹一族の陰謀」に制作を依頼。同グループの代表は、北近畿を中心に竹灯籠の設置や展示を続ける養父市出身の竹灯籠作家小川はじめさん(京都府福知山市)で、昨年は京都デザイン賞に入賞した。

 イベントでは京都府舞鶴市で伐採した竹を長さ約2メートル前後にそろえて使用。無数に空けた穴の組み合わせで、幾何学模様や湯煙、ハート、花柄などを描いた。温泉街を流れる春来川沿いや湯村温泉ポケットパークを中心に並べている。

 同協会の朝野泰昌会長は「暗いニュースが多い中、住民や観光客が少しでも明るく前向きに過ごせる空間を提供したい」と話す。

 点灯は日暮れから午後10時まで。同協会TEL0796・92・2000

(末吉佳希)

但馬の最新
もっと見る

天気(6月8日)

  • 28℃
  • 18℃
  • 0%

  • 31℃
  • 13℃
  • 0%

  • 31℃
  • 18℃
  • 0%

  • 33℃
  • 16℃
  • 0%

お知らせ