但馬

  • 印刷
200個を越える時計を使った作品を制作した滑川みざさん=三菱マテリアル旧購買会
拡大
200個を越える時計を使った作品を制作した滑川みざさん=三菱マテリアル旧購買会
縁側にアルミニウムを敷き詰めた作品=寺の上社宅
拡大
縁側にアルミニウムを敷き詰めた作品=寺の上社宅
和紙で作られた人形の作品=寺の上社宅
拡大
和紙で作られた人形の作品=寺の上社宅

 兵庫県朝来市生野町口銀谷の3カ所で、鉱山町を舞台に現代アートを展示する「生野ルートダルジャン芸術祭」が開かれている。各会場を巡ることで、国の重要文化的景観に選ばれている町並みにも目を向けてもらおうとの趣向。16組のアーティストが和紙やアルミニウム、植物などで空間を自由に彩っている。22日まで(土日曜・祝日のみ)。(竜門和諒)

 「ルートダルジャン」はフランス語で「銀の道」を意味する。会場は、三菱マテリアルの旧購買会▽明治期の迎賓館「旧生野クラブ」▽鉱山職員向け住宅「寺の上社宅」-の3カ所。産業遺産の保存と活用に取り組むNPO法人「J-ヘリテージ」(神戸市)や地元住民らでつくる実行委員会が主催し、5回目となる。

 旧購買会では滑川みざさん(神戸市長田区)が、地元住民らから借りた時計200個以上を使った空間芸術に挑戦。近くを流れる川の音と時計の音を同時に聞こえるように意識し「生野の歩んできた時間の流れを、視覚と聴覚の両方で表現したい」と話す。

 寺の上社宅では、表面を焼いた和紙製の人形が至る所に並び、縁側にはくぎで打って加工したアルミニウムが敷かれた空間も。用意された紹介文を参考に、作家の制作意図を考えながら展示を楽しむことができる。

 入場無料。午前10時~午後5時。期間中は一部の作家が公開制作に取り組むほか、アーティストトークも予定している。J-ヘリテージTEL078・599・5337

但馬の最新
もっと見る

天気(5月30日)

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 27℃
  • 13℃
  • 10%

  • 29℃
  • 17℃
  • 10%

  • 30℃
  • 16℃
  • 10%

お知らせ